通塾 防犯

小学校入学を機にお子さんを塾に通わせたいと考える親御さんは多いですが、子供の安全を考えるのであれば、通塾時の防犯への備えをしておくこともとても大切なことです。夜道というのは大人でも怖いと思う時がありますが、通塾時に子供が不審者に襲われ被害に遭ったというニュースを時折目にすることがあるように、子供がひとりで夜道を歩くというのはとても危険な行為です。そのため、子供を塾に通わせるのであれば、子供の塾の行き帰りの安全を第一に考える必要があります。子供を危険な目に遭わせないためには、塾へ行く際は保護者同伴がもっとも安心な策ではありますが、近頃は両親が共働きである場合も多いなど、家庭の事情によって塾への送り迎えが難しいご家庭も少なくありません。しかし、そういった場合にこそ通塾時の子どもの安全に対する備えをしておくことが大事です。

通塾時の防犯方法として親ができること

お子さんを塾に通わせるなら、親御さん自身が、子供が毎回塾に行く時どの道を通って塾に通っているのか把握しておくことも必要です。また、親が子供の通塾路を把握するためには、通塾路のマップを作っておくのも防犯に備えた対策としてはおすすめの方法です。通塾路マップは、ただ単にお子さんが塾に行くときに通る道を確認するだけでなく、安全な場所や危険な場所についても子供と一緒に確認することができるというメリットがあるほか、いつも通っている見慣れた道も昼間に歩くのと夜間歩くのではその様子はまったく違います。そのため、子供を塾に通わせたい場合は、事前に子供が塾に通う時間帯にお子さんと一緒に通塾路を歩いて、塾に通う時間帯の通りや街の様子を確認する、万が一危険な目に遭いそうになった時はどこに逃げ込めばいいかということもお子さんと一緒に確認しておきましょう。

通塾時も防犯グッズを携帯させよう!

防犯対策には防犯グッズを活用することも必要です。最近は、防犯ブザーの携帯が義務付けられている学校も多いですが、通塾時も防犯ブザーは必須アイテムです。学校の授業でも、「知らない人にはついていかない」・「危険を感じたら大声を出す」など登下校時や外出時の防犯に対する教育は常に行われてはいるものの、実際、危険な目に遭った時や、恐怖を感じた時というのは大人でも大声を出すのは難しいもので、子供ともなればなおさらです。そのため、とっさに大声を出すことが難しい時でも、周りに危険を知らせることのできる防犯ブザーを持っていれば、簡単に周りの人たちに危険を知らせることができます。また、最近はセキュリティー会社と連携している防犯グッズも登場しています。万が一の時でもボタンを押せばセキュリティー会社に通報することができるので、自宅から遠い塾に通わせる場合はこうした防犯ブザーを検討してみるのもおすすめです。